資格にも様々な種類があります。まずは、国家資格、公的資格、民間資格の3つに分けることができます。国家資格とは、国が実施して試験をして、国が資格認定を行うものです。基本的に高等教育機関や専門学校に進学し卒業してから初めて受験資格が与えられるものが多く、医師や弁護士、看護師や保育士のような業務独占資格、中小企業診断士など有資格者だけがその名を名乗ることの出来るものなどがあります。こういった資格は取得が難しい場合がほとんどですが、その分安定もしているので持っていると社会的に信頼度の高い資格です。次に公的資格ですが、これは国家資格と民間資格の間に位置づけられる資格で、民間団体が実施して国がその認定を行うものです。有名なのは介護職員初任者研修、秘書検定、簿記などがありますね。国家資格に準ずる資格なので、社会的にも十分信頼ある資格だし、就職にも役立ちます。民間資格は、民間団体が独自に実施して認定する資格のことです。ウェブデザイナー試験や医療事務など企業によってはこの民間資格を持っていることが求められることもある資格、そしてフードコーディネーターやカラーセラピー検定など趣味や自分の人生を充実させることに重きを置いたものがあります。一般的には国家資格は学校に通学しなければならなかったり、試験も難易度が高く取得が難しいと言われ、民間資格は自分の趣味や好きなことを勉強出来るので取得しやすいと思います。働きたいけど中々うまくいかないという人は、まずは何か就職に直結する資格を取得してみるのもひとつの手かもしれません。